アップスタイルはシワの原因になる?

アップスタイルは女性に人気のヘアスタイルですが、場合によっては顔の皮膚をたるませ、シワの原因となってしまいます。

髪の毛を強くまとめると皮膚が伸びきってしまい元に戻らなくなり、肌がたるみシワができやすくなります。

特に毎日髪の毛をひっつめている方はたるみが進行してしまうので要注意です。

アップスタイルでシワを作ってしまわないためには、顔の皮膚が引っ張られないように力加減に気を付けながら髪の毛を結びましょう。

アップスタイルを避け、下の方で緩く結ぶと顔の皮膚を引っ張らずにすみます。

また、毎日同じヘアスタイルは顔の皮膚を同じ方向に引っ張ることになるので、シワの原因となります。

日によってヘアスタイルを変えて、シワを作らないようにしましょう。

シワの原因となる顔の歪みセルフチェック方法

顔の歪みは放置しておくとシワの原因となります。

しかし、自分の顔の歪みは中々気付きにくいものです。

そこで今回は、顔の歪みをセルフチェックする方法をご紹介します。

まず、鏡を用意します。鏡に向かい顔を真っ直ぐに向け、チェックを始めます。

チェックする項目は、左右の目の位置、目の大きさ、耳の高さ、耳の大きさ、肩や鎖骨の高さ、あごのエラの位置、これらが左右で異なっている場合、顔が歪んでいると言えます。

その他、あごの関節が痛んだり音が鳴ったりする、口を開くと左右のどちらかに曲がってしまう場合も、顔が歪んでいる可能性があります。

顔の歪みはシワの原因になるだけでなく、見た目で違和感を与えてしまいます。

上記に当てはまる方は日常生活を見直し、歪みを治すようにしましょう。

シワを増やすNG洗顔方法

毎日の洗顔は美肌と作る上で重要なものです。正しい洗顔を行わないと、シワなどの肌トラブルの原因になります。

今回は、美肌のためにNGな洗顔方法をご紹介します。以下に当てはまる方は、洗顔方法を見直しましょう。

まず、洗顔料はきちんと泡立てましょう。洗顔料は泡で汚れを落とすものです。しっかりと泡立てなければ、毛穴の奥の汚れを落としきることができません。

次に、こすり洗いは厳禁です。こすり洗いは顔に必要な皮脂を奪ってしまいます。

また、強い力でこすると、指と顔の間に摩擦が起き、肌がたるみシワの原因となります。

洗顔をする際はよく泡立てた洗顔料で、泡で肌を撫でるように優しく洗いましょう。

洗顔の終わりに熱いお湯で洗顔料を洗い流すのも厳禁です。

お湯は肌の油分まで洗い流してしまい、乾燥の原因となります。乾燥が続くとシワができやすい肌になってしまいます。

寝相でシワができてしまう?NGな寝相

普段無意識にしている寝相は、シワの原因となります。顔のシワは寝相を改善しなければ中々解消することができません。

また、女性の大敵であるほうれい線も寝相によりできやすくなってしまいます。

今回は、シワができやすい寝相をご紹介します。当てはまる方は寝相の改善を行いましょう。

まず一番やってはいけない寝相がうつ伏せです。うつ伏せは顔全体に重みがかかり、更に枕に顔を擦る形になるので、肌を刺激してしまいシワの原因になります。

横向きの寝方もシワができやすい寝相です。

横向きで寝ることで重力がかかり、枕で顔が圧迫され、目元や頬にシワができやすくなります。

同じ方向で横向きで寝続けると、枕に接している部分だけにシワができてしまう場合があるので注意が必要です。