意外と気になる手のシワの対策法

手のシワは年齢が出やすい場所の一つです。

普段のケアでは顔のシワ対策に重点を置きがちですが、手のシワも普段から意識してケアしていきましょう。

まず、シワの原因となるむくみを除去します。

両手の指を組み合わせ、指の付け根同士がくっつく状態にします。そのまま両指をぎゅっと閉じるだけでむくみを解消できます。

むくみを解消しながら同時に行いたいのが乾燥対策です。乾燥はシワの大きな原因の一つで、色々なものに触れる機会の多い指は思っている以上に乾燥しやすい場所なのです。

乾燥対策として有効なのがハンドクリームの使用です。ハンドクリームで肌を保湿し、シワを予防しましょう。

乾燥が気になる冬だけでなく、オールシーズン気が付いた時に使用することで、より効果的にシワを防ぐことができます。

首のシワを解消するエクササイズ

首元のシワは年齢が出やすい場所ですが、自分では中々気が付かない場所です。

顔のケアも大切ですが、首のシワのケアも重要です。

今回は、首のシワを解消するエクササイズをご紹介します。

まず、床に座りあぐらをかきます。座りやすいように下にマットや座布団を引いておきましょう。

座ったら、両手を合掌の形にし、両腕が平行になるように持ちあげます。

その状態のまま口を「い」の形にし、首の筋を立てます。これを10回繰り返しましょう。

口を「い」の形にする時は、口の端を思いっきり横に引き伸ばすと効果的です。

首の筋が出ているような感じになれば成功です。

これを毎日繰り返すことで、首のシワ対策ができます。簡単な方法なので、毎日続けやすいかと思います。

口角アップで口元のシワを撃退しよう!

口元のシワは年齢が出やすい場所です。シワがあると一気に老けて見えてしまいます。

口元のシワには口角アップヨガがオススメです。口角をアップさせることでシワを解消し、フェイスラインを引きあげて小顔効果も期待できます。

まず、上の歯の8本をむき出しにするように口を開きます。

次に、下あごを前に突き出しながら下唇を歯に巻き付けます。

最後に、親指と人差し指で頬を包み込みながら持ちあげ、10秒間キープします。

口角アップヨガを上手く行うポイントとして、鏡を見ながら行うことがあげられます。

まずは正しいやり方を身に付け、口角アップのポーズをできるようにしましょう。

上手く頬が持ち上がらない場合は、親指と人差し指で円を作り、頬を持ちあげる練習をしましょう。

近年急増中の「スマホシワ」とは

スマホの普及が広まると同時に増加しているのが「スマホシワ」です。スマホシワは、その名前のとおりスマホを使用することで発症するシワのことです。

まず、スマホを使用する際の姿勢を思い浮かべてみてください。その姿勢は普段よりうつむきがちになっていると思います。

長時間うつむいていると、首にシワが寄ってしまい、これが続くと消えないシワとなってしまいます。これがスマホシワです。

首元のシワは年齢が出やすい場所と言われています。自分が思っているより、首元のシワは周りに見られています。

また、一度できたシワは綺麗に消すことが難しいと言われています。

スマホシワは無意識のうちにできてしまうものなので、長時間の使用を控えたり、使用中の姿勢を気にするなど、普段から意識して首のシワ防止に努めましょう。